« デジカメがやってきた! | トップページ | 苺《あまおう》 »

2005.04.16

パンク修理にチャレンジ!

パンク修理にチャレンジ!

【モブログ投稿】 by V402SH
昨日、チャリンコをパンクさせてしまったので、修理する事に(^^)
つう訳で、後輪を外した所。



【追記】(2005.04.16 19:10)

Panku_050416.jpg
-<ペッタン!>-
 2箇所に3mm程裂傷がありましたが、修理完了(^^)v
パンクと言っておりますが、何かが刺さった訳ではなく、無茶をした事によるバーストなのでありました(^^ゞ これからも無茶をしそうなので、予備でチューブを購入するつもりでしたが、サイズが、径方向のインチだけでなく、幅方向もあるって事で、「そんなサイズ、調べて来てませんからっ、残念!」っと相成りました。
 修理中に、確認してところ、《20×2.2・・・2.125》・・・えっ、売られていた奴とも違うし、ダメじゃん!しかも、タイヤに書かれているサイズ《20×1.95》とも違うみたい。店員さんの話では、「同じサイズの方がいいですよ。」っと、言う事みたいですが、物を見る限り『適当』っつうか、大体でいいのかも知れませんね。

 Suggy責任において、「チャリなので良し!」って事で、次にお店に行ったら、チューブ買っちゃう事にしまぁ~す(^^)


【更に追記】(2005.04.17 13:15)
 チューブサイズを思い出したので、ちょこっと修正。
っで、ちょっとチューブについて調べてみたら、どうも、20×1.95 ~ 2.125 っつう幅を持たせた、汎用的な奴があるみたい。ズボンや靴下とかと同じ感覚ですな(^^)

2005.04.16 17:30 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6848/3725767

この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理にチャレンジ!:

» パンク修理 [チョコの海岸物語から]
長女の自転車がパンクしたというので修理。 自転車のパンクの修理は手順を知っていれば簡単だ。 まず自転車をひっくり返し、 タイヤレバーでタイヤをリムから外す。 タイヤからチューブを出し空気を入れ、 水につけるなどして穴の場所を確認する。 穴の場所が分か... 続きを読む

受信: 2005.04.17 13:26

コメント

こんばんわ、お元気ですか。H・Kです。
パンク修理に挑戦されたそうですね。初めての?パンク修理の感想はどうでしたか?
自分だったら、さすがにできませんの一言です。で、当然「自転車屋」で、頼るしかありません。でも、Suggyさんは、
すごい「チャレンジ精神」を持っていますね、感心しました。
これからも、頑張ってください。

投稿者: H・K (2005.04.16 19:43)

H・Kさん、こんばんわ。
こちらにもお越し頂き、ありがとう(^^)
でも、あっちよりかは・・・。

初めてのパンク修理でした。見よう見真似でやってみましたが、結構、簡単でした。

今回はたまたまです。普段、ほんとに何もやってないので、何かをする事が楽しいかなぁ~と思ったのかもです(^^ゞ

Suggy@気が向いた時だけ人間

投稿者: Suggy (2005.04.17 01:00)

チューブは結構おおざっぱで、大は小を兼ねるって感じにしていたような。
デカイ奴でも折り返して入れれば大丈夫(^^;

投稿者: MAD (2005.04.17 11:45)

MADさん、こんちぃ。

ありがとう!
みたいですな。丁度調べてたら、そんな感じで、幅を持たせた奴が売ってた(^^)
過去にトラバっときますよ!

投稿者: Suggy (2005.04.17 13:11)

お上手ですね!
健太が子供の頃は、自転車のパンクは自分でやるのが当たり前でした。でも当時はグルーがあまり良くなかったせいか、すぐにまた同じところがだめになった記憶があります(笑)。でもSuggyさんのこの修理、プロなみじゃないですか!

投稿者: 健太 (2005.04.18 08:17)

健太さん、こんちわ。
店、開けますかねぇ~(^^ゞははっ

つうのは、ウソウソ。今の修理部品は、優秀なのでしょう。
なので、健太さんでも楽勝ですよ!

ペタッと貼る奴を、グルーと言うのですか。
商品に名前が書いてなかったので、どう言うのかな?っと、思ってたので助かりました(^^)

投稿者: Suggy (2005.04.18 15:00)

コメントを書く




@があれば、なんでもOK!


《メールアドレス》と《URL》を両方入力して頂いた場合、投稿者名のリンクは《URL》になり、《メールアドレス》は管理者のみの情報(Blog上では見えない)となりますが、片方のみの入力だと、入力した方のデータがリンクされる形になります。
※《メールアドレス》のみの入力時は、晒される形になりますのでご注意して下さい。

絵文字を挿入 顔文字の挿入